マック・ナッツ・ファーム

空港近くには農園がいくつかあると調べてあったので
コーヒー・オブ・ハワイを出発して西の方へ車を走らせます。

一応地図はあるんだけど、ざっくりしているので
なりゆきまかせ。
04_031モロカイ散歩記まだまだ続きます。

 ほかの記事はこちら 
https://magicyoga.wordpress.com/category/travel/molokai/
04_031地図によると、高校の近くにある道を入っていくと
マカデミアナッツ農園があるそう。
でも高校は見つかったけど、入っていく道がわからない。

けっこう西の方に行ってしまって
「もしかしたら通り過ぎてる??」と、戻ります。

そしたら逆方向からだと、道しるべを見つけることができて無事に到着。
手作りの素朴な看板が色合いといい、デザインといい、いい感じ。
140322_02人の気配がなくて、そろりそろりと入って行くと
上が切り取られたココナッツの木が。

140322_03この「ココナツに注意!」って看板、最高。
実、ないから。落ちて来ないから。
(画像をクリックすると大きく表示されます)

こういう遊び心が、ハワイならでは。
でもあとから、「ああこのおじさんなら、納得」
と思えるマックナッツおじさんが登場します。

さすがマックナッツ農園、ナッツの殻がたくさんだねー。
絨毯みたいに敷き詰められていて、これも道しるべなのかな?
なんて写真を撮りながら奥の方へ。
140322_04すると作業中のおじさん登場!

この奥も農園が続くのか聞いたら、
「ああ。でも奥に行っても同じだから。広いぞー。
やってるの俺ひとりだから、奥まで行かれると困るから。
ここにいなさい。ここで充分だから。」
と説得される。
140322_05なんかおじさんの話がおもしろくて、笑いが止まらなくて
ずっと笑ってたら、
「別に冗談言ってるわけじゃないんだよ。
これが俺の仕事なんだから。真剣なんだよ。」
って言うのもおかしくて笑いが止まらない。

しばらく農園の説明を聞いていたら、別のご夫婦が来て
またおじさん、「ここで充分だから」と説得。

そしておじさんによる”マックナッツ農園ツアー”がスタート!
ツアーと言っても、この、入り口からちょっと入った所にある
おじさんの作業場周辺だけ。
だって、ここで充分だから。笑
140322_07おじさんによる、丁寧で熱い、
モロカイのマックナッツ栽培の歴史やマックナッツの成長過程、
そして農園についての説明は、すごいおもしろかったなー。
「さっきこの子はずっと笑ってたけど、なんでかな。
見せ物でもなんでもなくて、真面目に仕事してるんだよ?」
って、何度も言われた。

だっておじさんの話、おもしろかったから。
真面目な仕事だっていうのも、すごい理解できた。
美味しいマカデミアナッツを喜んでくれる人のため、
手塩にかけた農園を守っていくため、
そして、自分が生きていくための、大切な仕事だもの。
だからこそ、それをストレートに伝えてくれるのが響いたし、
おじさんのユーモアも届いたから、楽しかったんだよ

誰かを笑わせるための饒舌なジョークより、
言葉が少なくても、上手でなくても、
真剣に何かを伝えることで、人の心を動かすと、
ハッピーな空間や笑いが生まれるってわたしは思うよ。
おじさん、ああは言っても、わたしが笑うの嬉しそうだった。

カナダから来たというご夫婦がたくさんおじさんに質問してくれたから、
おじさんもはりきって説明にも熱がこもって
かなり濃密な時間になりました。

ひととおり説明が終わったら、お次は試食タイム!
140322_06
 
 
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中