電気もネットもなくても

今回滞在したのは、電気がない、もちろんWiFiもない掘建て小屋。

マイラ先生の裏庭の敷地内に、スタッフの宿泊用に3軒の小屋が建っていて、
その中央に宿泊しました。

141009_12

1つの小屋に、2段ベッドが2セットずつあるので
1軒に通常4名滞在できます。
左の1軒には、その時、農園スタッフが3名宿泊していて
わたしも入れる状況だったのですが、
ティーチャートレーニングの起床スケジュールが
農園スタッフたちと異なっているといういことから、
中央の1軒にひとりで宿泊することに。

ここ。

141009_13

WAENAはハワイ語で「中心の」。
海側(左側)には「MAKAI(海側の)」、
山側(右側)には「MAUKA(山側の)」と標札がついています。

わーい、ハワイに来て、初めてのひとり暮らし!
シャワーも電気もインターネットもないけどね!

マイラ先生のご自宅(母屋)にあるバスルームとWiFiが使えるため、
この小屋には寝に帰るだけで、特に問題なし。

電気はありませんが、iPhoneのフラッシュライトがかなりの明るさで便利。
母屋から小屋に戻ってベッドに入るまでのちょっとの間はそれを使います。

でも目が慣れてくると、その灯りすらなくても活動できちゃう。
消灯は基本的に8:30pm。

朝も真っ暗な中、起床は4:15am。
なぜなら、5:00amからはトレーニングが始まるから。

トレーニング参加者やシェフのケルシー・リーをはじめ
他のアシスタントたちはみんな、
マイラ先生のご自宅から少しだけ南(リフエ空港方面)に下がった
アナホラというエリアの綺麗なビーチにある
バケーションレンタルで寝泊まりしていて、
そこがイコール、トレーニング施設なので
起きてすぐにトレーニングに臨めます。

でもマイラ先生、ケルシー、わたしは毎日、
その施設までマイラ先生の運転する車で通勤。
集合=出発の4:35amには遅れることができません。
朝からきびきびと。

といっても、
・歯をみがく。
・舌をみがく。
・顔を洗う。(洗顔料いらない)
・鼻洗浄。
・トイレを済ませる。
・着替える。
だけなので、シンプル。
最後の「着替える」は、わたしはこれいらない。
なぜならトレーニング中は前夜から翌日のウェアを着て寝るから。
時間もエコに。

真っ暗な中、天にはまだ無数の星が。
生きているな〜とまた実感しながら、その星の下で鼻洗浄
(参考リンク:「朝の習慣」*旧ブログにジャンプします)

顔を左、右とかたむけながら、
その都度、星をぼんやり眺めながら、
片鼻から塩水を大地に垂れ流し。
これが最高なのだ。
三日坊主のわたしが、2010年から毎日続けられていることといえば
ヨガとこの鼻洗浄だけ。

141009_14

この1年半、オアフのドンキホーテで買った
薄いマットレス(こちらで布団と呼ばれている)で寝ていたので…..
手作りのこんな木製のベッドでも、ちゃんとしたマットレスで、
快適な寝心地ー!!!!!

141009_15

マイラ先生が「よく寝られてる?」と挨拶がわりに聞いてくださった時も、
「はい!わたしにはゴージャスすぎるベッドです!」と応えると笑ってた。

部屋にインターネットも電気もない生活でも、なんの支障もない。
シンプルで、それでいて最高に贅沢な小屋生活。

マイラ先生の母屋へは、こんな距離。
この母屋へ通じる道で、夜は真っ暗な中、
時にはシャワー後のバスタオル一枚だけまとった姿のまま、
星を見上げて立ち止まり、
ただこの地球に生きていることに感謝をする。
鼻洗浄もする。
それがわたしにとって最高の癒し。

141009_17
 
 
 
 
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中